付属施設ライチョウ

  • ライチョウ
  • ライチョウ
  • ライチョウ
  • ライチョウ
  • ライチョウ
  • ライチョウ
  • ライチョウ
  • ライチョウ
種名ライチョウ
英名Japanese rock ptarmigan
学名Lagopus muta japonica
分類キジ目キジ科
すんでいる場所北アルプスなどの中部山岳地帯
食べもの高山植物の実や花、葉っぱや新芽など
飼育由来繁殖

国のレッドリストで絶滅危惧1B類に指定されています。1980年代の調査では約3000羽が生息していると推定されていましたが、2000年代の調査で約1700羽まで生息数が減っていると推定され、保全の必要性が高まっている鳥の1種です。

飼育由来について
保護:ケガなどで博物館に収容され、野外で上手に生活できないため、飼育しています。
繁殖:博物館の飼育個体間で繁殖した個体を飼育しています。
捕獲:個体数調整により捕獲され、博物館で飼育しています。

ライチョウ日記

  • 産まれてから76日。声変わりも始まり、見た目はすっかり成鳥となりました。 9/28
  • 産まれてから約2ヶ月。大人と同じくらいの大きさになりました 9/11
  • 36日目 すっかり大きくなりました 8/19
  • 産まれてから1ヶ月が経ちました 8/15

ライチョウ日記 一覧

ページ先頭へ