展示情報開催中

北アルプス誕生とそこに息づく高山植物のものがたり<small>- 花、果実、種子、芽生え、ときどきふしぎ発見! -</small>

北アルプス誕生とそこに息づく高山植物のものがたり- 花、果実、種子、芽生え、ときどきふしぎ発見! -

企画展

標高3000m級の山々が連なる北アルプスの誕生は、高山環境に大きな影響を……

北アルプスの自然と人

北アルプスの自然と人

常設展

北アルプスの自然と人が織りなす大町の山岳文化をご紹介します。

ライチョウ日記

  • 14日齢 羽が伸びてきました! 7/29
  • 11日齢 家族で朝ご飯 7/26
  • 9日齢 小松菜とにらめっこ 7/24
  • 6日齢 少し大きくなったかな?? 7/21

ライチョウ日記一覧

博物館からの告知情報

  • 7/15に二ホンライチョウの雛1羽が孵化しました。現在、公開している飼育舎において、母鳥による育雛を行っております。これに伴い、付属園にて展示しているニホンライチョウについて、飼育に万全を期すため当面の間展示を中止します。スバールバルライチョウは引き続きご覧いただけます。再開時期は未定ですが、公開の準備ができ次第こちらでご案内させていただきます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
  • 博物館では、毎月第3日曜日(家庭の日)とその前日の土曜日を「大町市民無料開放デー」としています。8月は14日(土)と15日(日)です。長野県民の方は、該当日のみ、割引料金でご入場いただけます。
  • このたび当館では、博物館の活動や北アルプスの自然史と山岳文化史などの調査研究に関する学術的な論文・報告等を掲載する刊行物『研究紀要 第6号』を発行しました。
    下記のとおり全文をオンライン版として当館公式ウェブサイト上で公開しておりますので、ご高覧の上、ご活用いただければ幸いです。
    なお、過去に発行した本誌バックナンバーも当館サイトで公開しておりますので、あわせてご利用ください。
    ※本誌は「J-STAGE」(科学技術情報発信・流通総合システム)でも公開しています。

    『市立大町山岳博物館 研究紀要』最新号

記事一覧

ページ先頭へ