展示・イベントイベント

博物館ならではのイベント情報です。

イベント企画展「北アルプス誕生ー激動の500万年史ー」

 北アルプスの麓に生活する私たちは山々の雄大さと四季折々の美しさに感動します。この山脈はいつ頃、どのようにしてできたのでしょうか?本企画展では、最新の研究成果をご紹介します。現在の北アルプスの姿からは想像もできない激動のタイムトラベルをお楽しみください。

開催日平成30年7月21日(土)~平成30年11月25日(日)
※月曜日と祝日の翌日は休館。月曜が祝日の場合は開館し、翌日休館。
※7・8月は無休
開催時間午前9時~午後5時(入館は午後4:30まで)
場所当館 特別展示室
費用通常の観覧料が必要

イベント北アルプス地質見学登山「爺ヶ岳にカルデラ湖があった頃」

 爺ヶ岳登山道で、250~150万年前に蓮華岳、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳一帯に存在した巨大カルデラの断面を観察しながら、「北アルプスの成り立ち」を学びます。
 北アルプスの地質研究の第一人者である原山 智先生(信州大学特任教授)のご案内で、山脈のできかたを現地で見学できる貴重な機会です。

日時平成30年8月18・19日(土・日) 【雨天中止】
コース扇沢駅【午前7時集合・出発準備】ー種池山荘(講習・宿泊)ー爺ヶ岳ー
扇沢駅【解散】※混雑期のため扇沢駅の往復は路線バス利用。
※詳細は資料請求の方・お申込みの方へ郵送
募集人員先着20人
募集期間平成30年7月5日 午前9時から(定員になりしだい締切)
対象爺ヶ岳への1泊登山が可能で、原則65歳以下の方(持病のある方等は申込時にご相談ください)。小学生は保護者同伴。
申し込み当館 TEL・有線(0261−22−0211)
費用参加費(資料・保険料等)3,000円、別に、交通費・宿泊費(12,620円)は個人支払いになります。
備考共催:長野県山岳総合センター・大町山岳博物館友の会

イベント9/8(土)「信濃大町 山フェス2018」開催!!

イベント盛りだくさん! さんぱく企画もいっぱい!

平成26年の初回以降、今年で4回目となる「信濃大町 山フェス(山岳フェスティバル)」は、長野県民みんなの財産であり、貴重な資源である「山」に感謝し、「山の恵み」を将来にわたって末長く利活用していこうという「信州山の日」制定の趣旨にもとづき、大町市で開催されるものです。

フェス当日、山岳博物館が終日入館無料となるほか、館内では1日を通して、さまざまなイベントを実施します。みなさまお誘いの上、ぜひ遊びにお越しください!

1 無料開放 終日、どなたでも博物館に無料で入館いただけます。
  ※9月8日(土) 9:00~17:00(入館は16:30まで)

2 スポットガイドツアー
 博物館のスタッフが館内や付属施設を案内しながら、各展示コーナーの解説を行います(1日7回実施。時間はいずれも20分程度)
(1)10:30~ 3階「展望ラウンジ」    ※本館の解説
(2)11:30~ 2階「山の成り立ち」    ※  〃
(3)13:30~ 2階「山と生きもの」    ※  〃
(4)14:00~ 1階「山と人」       ※  〃
(5)14:30~ 特展室「北アルプス誕生」  ※企画展の解説
(6)15:00~ 付属園(動植物園)     ※付属施設の解説
(7)15:30~ 山岳図書資料館       ※   〃

3 ミュージアムトーク
 信濃大町は、高山の象徴「ライチョウ」がすむまち、悠久のロマン「氷河」に抱かれた山のまちです。北アルプスなどに生息する希少種の鳥「ライチョウ」と、現存氷河であることが確認された鹿島槍ヶ岳「カクネ里氷河」について、最新の調査研究をふまえ、博物館のスタッフがわかりやすくお話しします(1日2回実施。時間はいずれも20分程度)
(1)11:00~ 高山の象徴「ライチョウ」    ※会場・・・講堂
(2)13:00~ 悠久のロマン「カクネ里氷河」  ※  〃

4 さんぱくクイズラリー
 山博(さんぱく)こと山岳博物館の展示フロアをまわりながら、クイズに挑戦してみませんか? 北アルプスの自然や歴史について、たのしく学べます。※終日実施

5 どうぶつスタンプラリー
 付属園の飼育動物を観察しながら、園内に設置してある台紙に手作りのオリジナルスタンプを集めてみましょう。全て集めたら、特典の特大スタンプを博物館窓口で押して完成です。※終日実施

6 その他
「さんぱく・植物のことはお任せ!さんぱく学芸員と行く鷹狩山 自然なぞ解きトレッキングツアー」
■日 時 9月8日(土) 午前10時~(約2時間)※雨天中止
■行 程 大町公園ステージ前 9:45集合 ※ 登りのみ約2時間(帰りは各自となります)
■定 員 20人(小学生は保護者同伴)
■引率者 山岳博物館 千葉学芸員・登山ガイド(大町登山案内人組合:予定)
■持ち物 飲み物(お茶など)、雨具、登山靴
■事前申し込み 8月20日(月)~8月24日(金)申込受付は電話のみ(受付時間 9:00~17:00)
 ※定員20名。定員を超えた場合は抽選となります。
■申込み・問い合わせ 実行委員会事務局(大町市観光課) ℡ 0261-23-4081

日時平成30年9月8日(土) 10:00~16:00
場所大町公園・長野県山岳総合センター・市立大町山岳博物館
備考アクセス・交通規制のお知らせ
当日、山フェス会場(大町公園)・さんぱく・山岳総合センターにお越しの際は、徒歩または無料シャトルバス(会場~塩の道ちょうじや~大町市役所駐車場)をご利用ください。
※山フェス来場者が、山岳博物館前及び霊園に駐車することはできません。
※無料シャトルバス運行時間 9:30~16:00(イベント終了まで)
※大町市役所・市街地の駐車場等に駐車し、徒歩でご来場すると特典がございます。

駐車場(無料)のご案内
・大町市役所(大町市大町3887)・仁科町市営駐車場(大町市3340-1)・下仲町市営駐車場(大町市2542-1) ・東町市営駐車場(大町市大町1058-32)
※霊園を利用する方のみ霊園駐車場をご利用できます。ただし、駐車台数を制限しますので予めご承知おきください。

<主催> 信濃大町山岳フェスティバル実行委員会
<お問い合わせ> 信濃大町山岳フェスティバル実行委員会 事務局(大町市観光課 内) ℡ 0261-23-4081
実施形態主催 信濃大町山岳フェスティバル実行委員会 後援 長野県 ほか 協力 北アルプス地域振興局 ほか

参加者用資料

イベント企画展特別講演会「地質探偵ハラヤマ先生 北アルプス研究の最前線を語る」

企画展「北アルプス誕生 ―激動の500 万年史―」関連催し
■講師 信州大学特任教授・原山 智 先生

山岳博物館で開催中の企画展「北アルプス誕生 ―激動の500 万年史―」にかかわる講演会です。北アルプスがどのようにして今のような姿になったのか、高山深谷の全域を踏査されてきた苦労話もまじえ、北アルプス地質研究の第一人者である原山先生が、最新の研究内容を含め、30年間にわたる研究の成果をわかりやすくお話しします。

日時平成30年10月21日(日) 13:30~15:30
場所山岳博物館 講堂
募集人員先着30人
募集期間前日の10月20日(土)まで
対象どなたでも
申し込み参加希望者の氏名・住所・電話番号 をファクス・Eメールまたは直接、山岳博物館へ (ファクス:0261−21-2133、Eメール:sanpaku@city.omachi.nagano.jp)
費用通常観覧料が必要です。ただし、大町市民の方は、家庭の日のため、当日は観覧料が無料となります。
実施形態主催:市立大町山岳博物館 共催:大町山岳博物館友の会

イベント秋のティールーム「北アルプスのふしぎ」

企画展「北アルプス誕生 ―激動の500 万年史―」関連催し

山岳博物館で開催中の企画展「北アルプス誕生 ―激動の500 万年史―」にかかわる催しです。当館の専門員が「北アルプスができるまで」と題して企画展を詳しく解説。その後、参加者を交え、お茶を飲みながらの気軽な座談会、ティータイム「北アルプス こんなことが知りたい」を実施。北アルプスの自然や歴史について、みなさんが日ごろ不思議に思っていることや考えていることをお聞きし、当館スタッフとお集まりのみなさんとで意見交換をして、北アルプス談義を楽しんではいかがでしょうか。

日時平成30年11月4日(日) 13:30~15:30
場所山岳博物館 講堂
募集人員先着20人
募集期間前日の11月3日(土)まで
対象どなたでも
申し込み参加希望者の氏名・住所・電話番号 をファクス・Eメールまたは直接、山岳博物館へ (ファクス:0261−21-2133、Eメール:sanpaku@city.omachi.nagano.jp)
費用参加費300円のほか、通常観覧料(大人400円・高校生300円・小中学生200円)が必要です。
実施形態主催:市立大町山岳博物館

過去の企画展・特別展・イベント

ページ先頭へ